日新火災代理店:(株)京滋エージェンシー

075-744-0883

営業時間 平日9時〜17時

マンションドクター火災保険のよくある質問

マンションドクター火災保険と現在管理組合で入っている火災保険はどう違うのですか?

一般的なマンション管理組合向けの火災保険は、メンテナンス状況に関わらず、築年数によって保険料が決定します。マンションドクター火災保険は築年数だけではなくメンテナンス状況の診断結果に応じて保険料を割引する点が大きく異なります。長年きっちりとメンテナンスを行ってきた管理組合のみなさまにとっては、今までの管理組合活動が「築年数が経っていても割安な保険料で加入できる」という形で報われる可能性があります。

マンションドクター火災保険だとどのくらい保険料が安くなるのですか?

給排水管のメンテナンス状況が極めて良好なマンションにおいて、50%近く保険料が安くなった事例もあります。

現在、管理会社からすすめられた保険に入っているのですが、保険を切り替えることはできるのですか?

はい。保険は切り替えることが可能です。火災保険は中途解約ができ、多くの場合解約返戻金が支払われます。 切り替えをご検討される場合は、補償の空白期間を作らないように加入されている火災保険の解約日と、マンションドクター火災保険の保険始期日を同日で設定ください。

現在加入している保険の満期がまだ先なのですが、診断だけ先に受けてもいいのですか?

はい。先に診断を受けていただいて構いません。診断の有効期限は5年(*)ですので、診断実施から5年後までであれば、再診断はせずに保険にご加入いただけます。*2016年12月31日以前の診断の場合、診断の有効期限は、築20年未満で5年、築20年以上で3年です。

理事会や総会で合意を得るために保険のことを説明してもらいたいのですが、誰か来てもらえるのですか?

はい。診断終了後、診断結果に基づく保険料を提示しますので、その際にお申し付けください。

「マンション管理適正化診断サービス」ではどんな診断をしてくれるのですか?

「マンション管理適正化診断サービス」では給排水管のメンテナンス状況などの建物のハード面と、管理組合様の運営状況などの管理組合活動のソフト面から総合的に診断を実施します。いわば管理組合様への通信簿のようなものです。

当日の診断時間はどれくらいかかるのですか?

1時間半〜2時間程度です。

診断には誰か立ち会う必要はあるのですか?

はい。現地で書類を見せていただきながらヒアリングを行いますので、必ず管理組合の理事長の立会いをお願いしています。ただし、理事長のご都合が合わない場合などは、他の理事、監事等管理組合役員の方の立会いでも問題ありません。

知り合いのマンション管理士がいるので、その人に診断してほしいのですが、そういったことは可能ですか?

その方に(一社)日本マンション管理士会連合会が定める資格があれば可能です。診断依頼時に特定の管理士様を希望する旨お申し付けください。

診断を受けたら必ず保険に入らなくてはならないのですか?

いいえ。診断を受けたら必ず保険に入らなければならないということはありません。診断後、診断結果に基づいて保険料のお見積りをご案内しますので、保険料や補償内容などをご確認のうえ、ご加入いただくかどうかご判断ください。

マンションドクター火災保険
マンション管理適正化診断のお申し込み

無料

保険料のお見積もりは、マンション管理適正化診断後にのみご提示が可能です。まずは診断をお受けいただく必要がございます。
ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

075-744-0883

無料診断のお申し込みはこちら