日新火災代理店:(株)京滋エージェンシー

075-744-0883

営業時間 平日9時〜17時

個人賠償責任保険

マンション専有部からの水濡れ事故と個人賠償責任保険

マンションの保険で一番保険金請求が多いのは水濡れ事故です。

原因は様々ですが、専有部からの水濡れの場合、

  • 洗濯機のホースが外れていた
  • お風呂の水が溢れた
  • ベランダの排水溝がゴミで詰まっており大雨時に階下へ水が漏れた

といった原因が多いです。

もし、ご自身が水濡れを発生させてしまい階下のクロスや家財を汚してしまった場合、賠償の義務が発生します。

そんな時に使える保険が「個人賠償責任保険」です。

個人賠償責任保険とは

この個人賠償責任保険は、日常生活における偶然な事故により、他人にケガをさせてしまったり、他人のものを壊してしまい、法律上の賠償責任を負った場合に保険金をお支払いするという内容です。

例えば、飼い犬が散歩中に他人を噛んでケガをさせてしまった場合や、お店のものを落として壊してしまった場合にも使える保険です。

したがって、階下へ水を漏らしてしまい、賠償しなければならなくなった場合、個人賠償責任保険の補償の対象となります。

火災保険や自動車保険の特約として加入するのが一般的です。

分譲マンションにおいて、全ての居住者もしくは所有者が保険に加入していれば良いのですが、そうではないケースも多いでしょう。所々、歯抜けになってる場合も考えられます。

ご自身が水濡れを起こした場合

もし、ご自身が水濡れを起こしてしまった場合、程度によっては結構な賠償額になる可能性もあります。個人賠償責任保険に加入していなければ、その賠償額は自己負担となります。

ご自身が水濡れの被害にあった場合

上の階からの水濡れによりご自身が被害者となった場合、上の階の方が個人賠償責任保険に加入していれば、修理費等を負担してもらえます。しかし、保険に加入しておらず、金銭的に賠償が難しい場合、ご自身で負担して修理しなければなりません。

ご自身で火災保険に加入し、水濡れを補償の対象としている場合は保険で対応ができます。火災保険に加入していない場合、やはり自己負担で修理しなければなりません。

管理組合向けの火災保険で解決

このように、マンションでの水濡れ事故は、保険に入っていないために、加害者と被害者で揉めるケースが多々散見されます。

管理組合が加入するマンション共用部分の火災保険には、個人賠償責任総合補償特約(包括契約)という特約がございます。

被保険者は、

  • 居住していない区分所有者
  • 居住している区分所有者
  • 賃貸での居住者

と、これまで説明した個人賠償責任保険を全戸室に一括で対象とすることで、トラブルを防ぎます。

近年では水濡れ事故の増加に伴い、この個人賠償責任補償の包括特約部分の保険料が非常に高くなっている保険会社もございます。

ぜひ、メンテナンス状況が保険料に反映される日新火災のマンションドクター火災保険をご検討ください。